子どものメガネ
子どものメガネ

 img 子さまの視力について
 img 正しいメガネの選び方(その1)
 img 正しいメガネの選び方(その2)
 img 探そう!お気に入りメガネ
 img メガネを楽しもう
 img 
ヨネザワの安心
お子さまの視力について

学校からの検診結果で、子どもの視力が心配になった!まだ小さいけど、子どもの眼の動きが気になる!など、子どもの視力に不安を感じるという声が多く聞かれます。
視力の変化や異常は、とにかく早く見つけて眼科医を受診することが大切です。
お子様の視力低下の発見につながる日常のサインと、主な症状をご紹介いたします。


お子さまの視力について考える

情報の入口となる目で正しくものをとらえるということは、脳の発達にも大きく影響すると言えます。
ほとんどの子どもが、「見えにくい」など、自分で視力の異常を教えてくれることはありません。

子どもの視力変化・視力異常をすばやくキャッチし、少しでも異常や変化に気付いた場合は早めに眼科で受診を心掛けましょう。

近視について

近視には仮性近視と近視がある事をご存知ですか?
仮性近視は、目を酷使した事がきっかけとなって、一時的に視力が低下した状態の事で、子どもに多く見られ、軽い症状の場合は、生活習慣の改やトレーニング、目薬を使う事で症状を回復することも可能です。

一方、近視は、眼球の屈折力の問題で遠くを見る時にピントを合わせる事ができない状態の事で、メガネ等の装着によってピントを合わせる必要があります。近視の場合、悪化を防ぐ事はできても、視力を回復する事は難しいのが現状です。

子どもの近視は必ずしも仮性近視とは限りませんので、異常を感じたら眼科医の受診をお勧めします。

遠視について

幼児期に注意したいのが遠視です。
強度の遠視の場合、3歳児検診などで判明する事が多いのですが、弱度や中程度の遠視は見逃されてしまう事も少なくありません。

遠視はそのままにしておくと、結果として視力の発達に影響を及ぼし、弱視や斜視につながる事もあります。

お子様が斜めにものを見ていたり、近くでも目を細めているような場合は、眼科医にご相談される事をお勧めします。

弱視について

子どもの発達の途中で、眼の病気やケガ、屈折異常(遠視・強度近視・乱視・不同視)などでものが見えにくい時期があると、視力の発達が遅れてしまう事があります。この状態を弱視といいますが、メガネをかけて見える場合は弱視とはいいません。
弱視は早く発見して、発達時期に治療をする事が大切です。

弱視の原因はさまざまですが、遠視が原因の場合はメガネをかけて矯正をしていきます。また、原因が遠視以外の場合でも、さまざまな治療をした後に、弱視訓練を行っていきます。

斜視・斜位について

片方の眼が見ようとするものを見ているにもかかわらず、もう片方の眼は、見ようとしているものと違う方向を向く場合があり、これを斜視といいます。

斜視の原因は、眼の筋肉や神経の異常によるものや、遠視による調節性の斜視など、個々によって違います。また、斜視にも斜視が表れる方向が上下左右と違ったり、斜視の表れ方が周期的だったりと、いくつかの種類があります。

斜視の治療は、遠視が原因となっている場合、メガネをかけて遠視を矯正します。また、斜視によっては特殊な器械で視能訓練をする場合もあります。

気づいてあげること

いろいろなものを見る事で、少しずつ成長していく子どもの眼。
しかし、さまざまな事が要因となって、視力が順調に発達しない事があるかもしれません。

遠視、近視、弱視、どのようなケースでも身近な存在の大人が、視力の変化に早く気づいて対応してあげる事が大切です。

子どもは無意識のうちに、たくさんのサインを出しています。そのサインをすばやくキャッチして、眼科医の診断を受ける事が、子どもの眼を守る事につながっていきます。


店舗のご案内

▲Page Top

img TOPページ
img ワイプラス
img キッズ
img サービスカー
img 店舗のご案内
img 会社概要

株式会社ヨネザワ